カテゴリ:はっち( 2 )
長い長い散歩
このタイトルの本を本屋で見かけた。
今までこの作者の猫の本を見かけたことはあったけど、なぜか手に取ったことさえなかった。

ふと昨日、手に取り、買って、帰りの電車で読んで、人が一杯周りにいるというのに泣いてしまった。
作者の人が猫を亡くした事、そしてその時の「やっちまったんだ」って気持ちが、はっちを亡くした時の私の気持ちとシンクロしたのだ。

帰宅してもう一度読んで、今度は周りに遠慮する必要もないので号泣。
誰にでも読んでと推薦して回るって事は決してしないだろう。でも、時々ふと読み返すかもしれないなぁと思った。
[PR]
by cyaizou | 2006-03-12 02:49 | はっち
夢を見ました。
そこはどこか大きな建物の広い中庭で、芝生が広がっていました。
私はどこかに出かけようとしているのか動き回っていましたが、その中庭の真ん中あたりではっちがごろんとお腹をこちらに向けて寝転がっていて、毛繕いをしていました。
夢の中の私は何も不思議にも思わず、毛繕いをするはっちを見ていました。
はっちだと夢の中で思ったわけではなく、でも、そこで毛繕いをしているのは私の猫と知っていました。

目が覚めて、はっちだったなぁ、と、初めて気づいたように思います。
目が覚めて、気づいてから涙が出ました。

はっちを亡くして一度もはっちの夢を見ることはありませんでした。2年過ぎて初めて見たはっちの夢。なんだか涙は出たけど哀しいのとは違ったような気がしました。

※コメント等遅れてすみません。
 体調はなんとか元に戻りつつあります。今週末には…!
[PR]
by cyaizou | 2006-03-10 10:13 | はっち
一緒に暮らしている猫や日常のこと
by cyaizou
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31