カテゴリ:ういろう( 142 )
……
今日は燃えないゴミの日…。
散々迷って…迷って迷って…猫トイレを捨てました。

我が家には猫トイレが4つあって、その内の一番古いのから二つを…。
一番古い猫トイレは約18年使った猫トイレ。
ういろうが来た時に買ったトイレ…。
もう傷だらけで、洗っても匂いがきちんと取れないからと、もう大分前から捨てようと思ってはいたけど、ういろうが一番使うトイレだったから残していた。ういろうが存命していたら何も気にせず捨てたはずのトイレ。
ういろうが18年使ったトイレ…。

最初は何も考えずに捨てようとしたけど、捨てられなくて玄関に置いてあった。
そして、今朝、えいっと、ゴミ置き場に置いて駅に歩き始めてから、心に底に何かが重くひっかかっている。
残しておく意味はない。だけどだけどだけど…。
[PR]
by cyaizou | 2007-07-25 09:06 | ういろう
ありがとう
ういろう、帰ってきました。
はっちとそして琥璃のお骨の隣に。
写真を探してみたら、小さな頃の写真とか出てきました。
またいつか、取り込んでここに載せます。

少しほっとした気持ちです。

みなさまからのコメントを読んで本当にありがたくて、泣きました。
今まで交流のあった方も始めて書き込んでくださった方も…本当にありがとうございます。
ずっとずっと心の余裕がなくて、コメントにお返事ができていないのに…いつもアドバイスや励ましを下さってありがとうございます。

インターネットという世界があって、いろいろ調べたり、実際に経験したいろんな知識を教えてくれる人がいて…ういろうの病気判明以来、どんなに助けられたことか。

自宅で輸液ができること、造血ホルモンのこと、いろんな処方フードのこと、介護の工夫、血液検査のこと…ほかにもいっぱい。おろおろしているだけだった私に、差し伸べていただいた手の暖かさはずっと忘れません。
何にも知らないままだったら、もっと早くにういろうを失っていました。
本当にありがとうございました。

私がもっと早く知ろうとしていたら、ういろうともっと長く一緒にいられたでしょう。
ういろうがあまりに元気でいてくれたから、甘えていました。
ういろう、ごめんね。
ういろう、ありがとう。
いっぱい繰り返しています。
[PR]
by cyaizou | 2007-06-26 23:26 | ういろう
きついな…
8時…ういろうを荼毘にふす車がやってきます。
ういろうを見送らないと…と、思いつつ、その時が来るのがやっぱり怖い。
ういろうは窓際の大理石ボードの上に10本のひまわりと一緒にいます。
ひまわりと一緒のういろうはとっても可愛い。

体を拭いて、髭と毛をちょっぴりもらいました。白い毛とブルーの毛…。
ういろうを時々撫でたり拭いたりする以外は、今日はぼ~っとしてすごしました。

車が滅多に通らない我が家前…車の音にびくびくします。

やってきた車の炉にういろうが消えていくのを…そしてどこか静かな場所に車が移動するのを見送った。振り返らずに部屋に帰ろうと思っていたのに、振り返って…車のテールランプが見えなくなるまで動けなかった。
11時半にお骨上げです。

ういろうの体があった昨夜は、体という縁があって抱き上げたり撫でたり…顔をじっと見たりで少し落ち着けた。けど…今は頼るものがない。
部屋にはういろうがいた跡はたくさん残っているのに。
我が家が人の足音ひとつが響くくらい静かな住宅街じゃなくて…私の部屋が足音も聞こえるくらい安普請じゃなかったら大声で泣きたいです。
[PR]
by cyaizou | 2007-06-26 20:10 | ういろう
眠っているだけみたい
言葉をかけてくださったみなさま、ありがとうございます。
ういろうはまるで眠っているだけのようです。
今はお気に入りだった、窓際の大理石ボードの上に寝せていますが、ふと振り返ると、お腹が動いている錯覚に陥ります。

赤ちゃんだっこをすると、私の頬に両手を当ててきたういろう。
避妊手術後、迎えにいった私に抱き上げられた途端におしっこをもらしたういろう。
お腹が空いても私が寝ていたら、黙って顔の上にお尻を置いてきたういろう。
子猫を一時期預かった時、お尻を舐めてあげて、出ないおっぱいを吸わせてあげたういろう。
はっちが来た時、一晩私の布団の中ではっちと反対側の私の体にすがって唸り続けたういろう。
いろんなういろうがぐるぐるしています。

2時間だけ横になりましたが、なんだか寝られません。
自分がたてる以外の音がしない部屋がおかしく感じます。
横になりながら、一生懸命耳をすませていました。
ちょっと転寝して、目覚めた時、夢だったらいいな、と、一番に考えました。
去年の秋から、ういろうの病気、琥璃の死、他に事件があれこれ、そしてまたういろうの死…。本当に続いているのです。

ういろうは17歳と10ヶ月(推定)でしたが、まだまだ生きてくれると、勝手に思い込んでいました。まだまだだと勝手に思い込んでいました。

私の元に来てからは17年と8ヶ月とちょっと。
私が一人暮らしをしてからの時間、ほぼ全部を一緒にすごしてくれた。
猫との付き合い方がまったくわからなかった私が、自分の都合や感情で厳しく叱っても、どんなに意地悪をしても、ういろうは困った顔をするだけで、じっと我慢してくれた。

ういろうとは命を分け合って、同じだけ生きたいとずっと思っていました。

でも、自分が先に死んだらういろうに酷い目を見せたかもしれないから、ういろうが心配で心配で先には逝けなかったと思うから……、きっと私はういろうを見送ることが出来て、それは本当に幸せなことなんだと思います。

ういろうは、もうしんどくないもんね。もう苦しくないもんね。

私の手元には、届いたばかりのリーナルケア、ペットチニック、ほとんど使ってないコルバジン、大量のキドニーケア、介護用防水シーツ…。衰弱したういろうのためにと注文したばかりのレメディー…。
ブログを見ててくださった方で必要な方にお譲りします。
貰い手がない場合も、老猫会のリトルの贈り物に寄付することになると思います。(実は去年、大量に買い込んだけど食べてもらえなかったウエットフードももらっていただきました)
ういろうの残したものを数えたり、火葬の手配をあれこれ考えている自分が自分でないみたいです。
今日一日、ういろうと過ごして…夜には荼毘にふすことになると思います。
[PR]
by cyaizou | 2007-06-26 07:40 | ういろう
空に還りました
やっぱり今日、何か変というのは当たっていました。
突然、今まで横倒しになったことがないういろうがさっき、横に寝ました。
慌てて抱き上げたら鼻がぴくぴくしていました。
私が流動食を流し込んだから誤嚥だろうか…。

鼻がぴくぴくしだして5分もたたない内に、時々口を開けるのに気づきました。
慌てて病院に電話しましたが、留守だったので留守番電話に吹き込んでから、ういろうを撫でていました。

ういろうは何度か口を開けて呼吸していました。慌ててホームページで気道確保とか探そうとしたけど、こういうときに限ってスムーズに情報が見つけられない…。

しばらくしてういろうは黄色の液体を吐きました。
それから5分も立たずに…小さな長い唸り声を2回発して…、柔らかくなりました。
口に息を吹き込んで見たけど…一瞬呼吸が戻ったかと思ったけど、私の吹き込んだ呼吸が戻ってくるだけでした。
私しかいないのに、誰か助けてって必死で体を撫でたけど……。ういろうは眠りにつきました。
6月25日午後10時40分。

平成元年の10月に私の元に来て…17年と8ヶ月…。
いつも我慢強くて優しくて…本当に私を幸せにしてくれた。
初めて一緒に暮らした猫がういろうで私は幸せだった。
最後まで側にいさせてくれて…ありがとう。
長く、本当に長い間側にいてくれてありがとう。

去年倒れて、一度はお別れを覚悟して…あれから10ヶ月近く…ゆっくりとお別れの時間を私にくれたのかな…。

でも、もっともっと一緒にいたかったよ。
[PR]
by cyaizou | 2007-06-25 23:00 | ういろう
良くありません
水の番人も辞めてしまいました。
ずっと寝ています。体が冷たいです。
私の椅子にペットシーツと、介護用防水シーツと毛布を敷いて、ういろうを座らせて、毛布で包んであげるとずっとそのポーズのままです。

リーナルケアを与えてみましたが、どうにも苦手なのか食べる力がないのか、8mlを飲ませただけで吐きました。
2時間ほど空けて、5mlあげてみましたが、これも…。吐いた後は呼吸が荒くなるので、もう与えるわけにはいかないようです。
今日から明日にかけては絶食で様子を見るしかないみたいです。
[PR]
by cyaizou | 2007-06-25 20:08 | ういろう
病院へ行きました
ういろう…病院で体重を量ったら3.7キロでした。
先日3.25キロ…少なくとも450グラム分の水分が…。

先生におしっこを絞ってもらいましたが、そのおしっこの色は濃かったです。
腎臓が働いてないから濃いのかもしれない、と、先生は言っていました。

利尿剤を飲ませると言う方法もあるが、無理に排出させようとすると腎臓に負担がかかってしまうかもしれないので、今日の輸液をせずに明日まで様子を見てくださいとのこのでした。

ういろうはぐったりしています。
明日の夜まで様子を見て…様子によってはまた病院です。
[PR]
by cyaizou | 2007-06-25 10:56 | ういろう
違う症状が出てきたと思う
今日は仕事を休みました。
ういろうの様子がおかしいから…。

ういろうは土曜の夜に病院から帰ってきてから水の入ったどんぶりの見張り番でした。
昨日の日曜日の午後におしっこをしたとき、最近のういろうには珍しく色が濃かったのが気になりました。
あんなに水を飲んでるし、病院でも点滴されてたはずなのに、日曜日は2回しかおしっこをしませんでした。
そして、夜に150ccの輸液をして、朝5時に起きたところ未だにおしっこの跡がない。
それから2度ばかり、トイレによたよたと歩いていったけどおしっこは出ない。

体中に水分が溜まっています。
水分で体重が増えた感じ。多分昨夜の輸液もうまく吸収できてないのでしょう。
今日は午前中に病院へ行こうと決めました。
[PR]
by cyaizou | 2007-06-25 09:07 | ういろう
コマ送り
今日のういろうの様子。

基本的には水のたっぷり入ったどんぶりの見張り番。
どんぶりの縁に顎を乗せています。

たまにどんぶりから離れて座っていますが、そのポーズのまま、ふと見るたびに位置が変わっていたりします。
まるでコマ送りのように、リビングからちょびちょび移動し、でも気づいたらまたどんぶりの見張り番に…。
で、トイレの前のペットシーツにおしっこがあったり…。

まだ長い距離を歩いたりはしません。
でも吐いたりもしません。昨日は体が5秒おきぐらいにぴくっとしていましたが、今日はそれもないようすです。
[PR]
by cyaizou | 2007-06-24 12:44 | ういろう
退院しました
ういろう、先ほど退院してきました。
病院に着いて…聞きなれない声が…ういろうの声がしゃがれていました。
わんわん鳴いていたとかではなく大人しくしていたそうですが…やはり調子が悪いのでしょう。

そして…数値はもう落ちませんでした。
落ち込まないようにって思ってたけどやっぱりショックはショックです。
PCV 16
TP 6.2
BUN 100.4
Cre 5.2
P 10.6
それどころか、昨日の時点では下がらなくてすんでいた、PCVが下がっています。

ういろうの調子は入院時と変わらず…。
自宅で毎日150ccの輸液と、一日おきのステロイド、朝晩の食欲増進剤、そして毎日の血圧硬化剤と胃腸薬で様子を見ます。

帰ってきて、椅子の上で寝ています。

病院ではやはり何も食べなかったそうで…今夜から強制給餌をします。
これから暑くなるから心配です。毎日クーラーをかけての外出ですが、クーラーの効きすぎも体に悪いし…。
[PR]
by cyaizou | 2007-06-23 20:40 | ういろう
一緒に暮らしている猫や日常のこと
by cyaizou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31