今までの不安が的中しました
病院は9時から。
でもういろうは私にシャ~ウ~だけでなく、口を開けてはぁはぁと呼吸を始めました。手足はがちがちに突っ張って硬くなり、顔ものけぞり始めました。
犬と違って猫で口をあけてはぁはぁが起きることはほとんどありません。よほどの時です。

待てませんでした。8時半前に会社に休む連絡をして、そして、半過ぎには早いと知りながらも病院へ。自転車をそろそろと運転しながら、そして、今までの私ではありえませんでしたが、片手運転で前籠に置いたういろうのキャリーバックに片手を突っ込み、ういろうの頭を支えていました。
のけぞって息がつまってしまいそうだったから…。

病院はもう開いてました。どうも急患の人がいたらしく、私より先に病院に着いていました。
院長先生はその急患さんを診ていましたが、ういろうの呼吸がおかしいことと昨夜からの様子を看護士さんに話している間にそちらを済ませてすぐに来てくれました。

ういろうには既に神経症状が出ているとの事。
昨日の検査結果から、尿毒症はありえない事。
昨日とったばかりだけど、採血して、レントゲン…そしてういろうを落ち着かせるための薬を注射。その間に昨夜の様子を話す。
レントゲン異常なし。
血液検査も異常なし。ただし、どこかで炎症が起きているという証拠の白血球数が多い。
肝臓も大丈夫。レントゲンでも異常なし。肺の状態も悪くないし、心臓の形も悪くない。触診でも内臓は大丈夫…ということは…

「脳の中で何かが起こっているのでしょう。」

この間、ういろうが横倒しに倒れた夜…あの様子がまさにその前兆だったのではないですか?と聞くとそうかもしれませんとの答え。
どこか別にって不安は、脳で何かが起きていると考えると一番つじつまがあう。

炎症を取り除く注射を打ったけど、脳では治療ということはできず、対処療法しかできないとのこと…。
落ち着く薬を打たれてから、ういろうの体は少しずつ柔らかくなってきたけれど、目は見開いたままで、周りを認識している様子はない。私のこともわかっていない。

どうしたらいいんだろう…。今日は1日様子を見ていられるけど、明日から私はどうすればいいんだろう……。病院に入院させるということも出来ますと言われたけど、それは最後の手段にしたい。わからなくても、いや、きっと体が動かないだけでわかっているのだと思う…ういろうを側に置いておいてあげたい…。

帰宅して今は様子をみているところです。
ういろうは帰宅して抱き上げた私にまたう~~と言いました。でもう~でも言ってくれるだけいいの。
でも炎症が落ち着いたら意識は戻るの?
ご飯も飲み込めない今の状態でいつまでもつの?

ぐるぐるは大きくなるばかり…。
[PR]
by cyaizou | 2006-09-25 10:25 | ういろう
一緒に暮らしている猫や日常のこと
by cyaizou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31